公園財団について

理事長メッセージ

ごあいさつ

理事長写真 一般財団法人 公園財団 
理 事 長 蓑茂 壽太郎 

 本財団は、1974(昭和49)年に創設された財団法人公園緑地管理財団を前身とし、平成24年4月からは一般財団法人公園財団に組織替えして、現在に至っています。したがって、その歴史は40年を過ぎ、都市公園の管理運営にわが国で最も早く本格的に取組んだ組織の一つで、多くの実績を残してきています。そもそもこの財団の発祥は、国が直轄事業として整備することになった国営公園の管理と運営を担うことから設立されたもので、国営公園が一つの都道府県を超えた広域的見地や国家的記念事業等に関わる公園であることから、公益性の高い法人運営の特徴を引き続き継承しています。
 前身は、国営公園の第一号である武蔵丘陵森林公園の開園と同時の創設で、以来、順次整備開設されてきた国営公園の運営管理を一手に引き受けてきました。英名にParks and Recreation Foundationを用いているように、国営公園を舞台にわが国の公園レクリエーションサービスの向上に最先端の手法を導入してきたわけです。
 また財団設立から30年を経過した平成18年には、公園管理運営研究所を併設し、以後、公園緑地の管理運営に関わる技術開発、専門職能人の養成、都市公園に係る国際交流、国民への花・緑文化の普及など、外部連携にも努め計画的に取り組んでいます。そして近年は公園を中心とした新たな公共サービスの質の向上に適うマネジメント研究に精力的に取り組んでいます。
 21世紀に入り、日本は少子化による人口減少で超高齢化社会となり、豊かで安心な人生に係る社会保障問題への対応、都市の縮減と地域創生、さらに地球環境問題と経済やエネルギー政策との整合に関心の目が注がれています。そうした中で、私たちは平成7年の阪神淡路大震災以降、2011(平成23)年の東日本大震災を間に挟んで短期間のうちに幾度も、そしてこの度の熊本地震と、国土の方々で地殻災害に見舞われ、国土の強靭化や防災・減災への国民的要求は急激に高まっています。つまり、日本社会にはいろいろと顕著な変化がみられます。
 発足から35年目に新しくなった公園財団は、常に変化への対応に心がけ、進化する財団であることに努めています。この理念を実行するため、毎年度スローガンを掲げ、これをみんなで共有して一丸となって仕事に取り組んでいます。これまでに、可能性への挑戦、可能性から信頼性へ、問題を直視する、競争力をつける、に挑戦し、現在は合言葉を「再デザインに取り組む」としています。
 日本全国には10万カ所以上の都市公園があり、その面積は12万ヘクタールを超えます。これまで先人の努力で積み上げられてきた公園ストックを、上手に利用し、地域の力になれるよう市民への便益を目論見、期待に応えるのが私たちの任務となります。『地域生まれの世界水準』を各公園のマネジメントにおける目標とし、グローカルに行動します。
 公園に親しみ、公園を愛する人と共に歩む 公園財団Parks Japan F. をどうぞよろしくお願い申し上げます。