普及啓発事業

公園・夢プラン大賞

「実現した夢」「やりたい夢」を大募集!

夢プラン 「公園夢プラン大賞」は、全国の都市公園等で、“やってみたい”“できたらいいな”という『夢』を実現させた活動成果や、公園で“できたらいいな”という『夢』のあるイベントアイデアを募集する事業です。「公園・夢プラン大賞」で、公園を楽しく元気に使いこなす人々の夢やアイデアがどんどん広がり、公園がもっと使いやすくなり、そして地域社会がどんどん元気になってゆくことを期待しています。詳細は、公園・夢プラン大賞公式ホームページをご覧ください。
公式ホームページ「公園・夢プラン大賞」


公園・夢プラン大賞2015の最優秀プランを紹介します。

  • 実現した夢部門
    【実施場所】
    大栗川公園・大石やかた公園・松木えのき公園・由木緑道(東京都八王子市)

    【内容】
    旧由木村(八王子市東部地区)の中心を流れる大栗川・太田川沿いの緑道(由木緑道)とそれをつなげる3つの公園を拠点として3万個のキャンドルを配置・点灯し、光の回廊を演出するイベントを2015年2月14日に開催。

    【イベントを実施した経緯等】
     旧由木村(八王子市東部地区)には、多摩ニュータウン開発で多くの人が新しく越してきたが、昔から住んでいる人との交流の場は少なく、この地の歴史などについても知る機会が少なかった。
     そこで、地域住民が集まり「昔からこの地に住み、この地の自然や文化を守り続けてこられた人々の思い」と、「新たにこの地の住民となった人々」とのつながりを大切にし、双方住民の交流の輪を広げていきたいとの想いで、「大栗川キャンドルリバー2015」を開催した。
     地域からは多くのボランティアや地元の子供たちが参加した。また、複数の地域が一堂に会する機会ができたことも新しい試みとなった。
     今後も、旧由木村と言われるこの地域の活性化、住民同士の交流創出、そして将来を担う子どもたちが誇りを持てる、新しい地元のイベントとして根付かせ、これからの50年先の未来に向けて続けていきたい。
    大栗川キャンドルリバー実施状況
    大栗川キャンドルリバー実施状況

  • やりたい夢部門
    【実施したい公園】
    どの公園でもよい

    【内容】
    世界中の子どもたちが公園や広場で楽しむ遊びを、日本の子どもたちが体験するイベント。公園内を国や地域ごとのブースで分けて、その国の出身者が実演、遊びのサポートを行う。日本の「おにごっこ」や「なわとび」「けんだま」に相当するような世界の遊びを通して、外国人とのコミュニケーションにつながる。また各国のおやつの振る舞いや、伝統芸能の披露の時間を設ける。日本に来ている留学生の活躍の場になることも期待できる。

    【目的】
    子どもたちはスマートフォンの普及によって、自宅に居ながらバーチャルな空間で、「世界」と気軽につながることができるようになったが、それは画面のなかの実感のない「世界」である。そんな子どもたちが、実際に自宅の外に飛び出して、公園で「世界」の遊びと人を通して、リアルな実感を持って「世界」と関わってほしいと思う。
     そのリアルな実感が、次の日からスマートフォンの画面に映る「世界」をより身近に感じ、子どもたちの心の中に、「将来、一緒に遊んだあの外国の人が生まれた国に行きたい」という思いの芽を植えてあげる一日になる。