都市公園等管理運営事業

安心・安全で快適な時間と空間の提供

「おもてなしの心」によるお客様サービス

  • 「おもてなしの心」を育てる
    スタッフの研修・訓練の実施

    “心のバリアフリー”の実践

    接遇インストラクターによる研修や、身体の不自由な方を対象としたホスピタリティ(おもてなし)研修等の実施とともに、サービス接遇検定資格の取得を推進しています。

  • スタッフによるきめ細やかな
    ガイド案内のサービス

    ガイド案内のサービス

    公園内外の旬な情報をお伝えする「総合案内ガイド」として、お客様サービスの向上を図ると共に、おもてなしの視点に立った質の高い接客サービスを提供しています。


サービス向上の仕組み

サービス向上の仕組み

「お客様の安心」を確保する安全管理の取り組み

  • 安全

    安全イメージ
    日常点検・定期点検・臨時点検・精密点検を行い、異常箇所の早期発見と迅速な改善対応に取り組んでいます。

  • 管理体制

    点検から修繕作業の実施、施設の状況把握による予防保全や記録のデータベース化を行い、総合的な管理システムの体制を整え管理計画に反映させています。

    総合的な施設維持管理システム

  • 事故災害

    当財団独自の情報共有システムにより、休日・夜間問わず事故・災害等発生時には、速やかな情報共有と迅速な対応を行っています。また全国の対処実績をモデルに、事故の未然防止に努めています。

    情報共有と再発防止


効率性を高め効果を上げるマネジメントサイクル

管理センター等と本部が連携した「自己評価」の実践により、評価の客観性と改善の精度を高め、品質向上を図っています。

都市公園の管理運営実績において培ったマニュアル類、工程管理・品質管理手法を活用

マネジメントサイクル表

パークマネジメントの実践サイクル


実践cycle