都市公園の管理

国営アルプスあづみの公園

国営アルプスあづみの公園1

  • サムネイル1

  • サムネイル2

  • サムネイル3

  • サムネイル4

  • サムネイル5


主な業務実績

業務期間

平成16年07月~平成22年05月
平成25年4月~【現在管理運営中】(アルプスあづみの公園マネジメント共同体)

あづみの地域の自然、文化、歴史を紹介する多様な体験プログラム

堀金・穂高地区では「あづみの学校」、大町・松川地区では「森の体験舎」を中心に、地域のボランティアの方々と協働で開発した地域の自然、文化、歴史を伝える体験プログラムを展開し、約44,000人(H21年度)の方々が体験されました。

地域の新しい冬の風物詩 イルミネーションの実施

堀金・穂高地区では平成17年度から、大町・松川地区では平成21年度より、あづみの地域の方々の協力を得ながら冬季のイルミネーションを新たに実施しました。当イベントは新しい安曇野地域の冬の風物詩として定着し、両地区合わせて約10万人の来園者を記録しました。

公園の概要

所在地 長野県安曇野市・大町市・松川村
管理面積 131ha(平成26年2月時点)
開園 平成16年7月開園
公式ホームページ http://www.azumino-koen.jp/