都市公園の管理

国営みちのく杜の湖畔公園

みちのく杜の湖畔公園1

  • みちのくサムネイル1

  • みちのくサムネイル2

  • みちのくサムネイル3

  • みちのくサムネイル4

  • みちのくサムネイル5


主な業務実績

業務期間

平成元年08月~平成25年3月
平成25年4月~【現在管理運営中】(みちのく公園マネジメント共同体)

コスモス&コキアde COKOフェスタ

秋の都市緑化月間の一環として、秋風にゆれるピンクの可愛らしい「コスモス」、モスグリーンから紅色に変化する不思議な草「コキア」など、秋の草花をご覧いただくことで、東日本大震災以降の心労や疲労を癒していただきました。また、秋のみちのく公園を満喫していただくことを目的として「COKOフェスタ」を開催し、「花・伝統・スポーツ・音楽・復興応援」をテーマとした様々なプログラムをお楽しみいただきました。

ふるさと村の秋まつり

東日本大震災からの復興へ願いを込めて10月6日(土)から8日(祝)まで3日間に渡り、「ふるさと村の秋まつり」を実施しました。「ふるさと村」を舞台として、東北六県の郷土芸能披露や伝統工芸体験、民話がたりや昔懐かしい遊び等を紹介するイベントを実施し、東北の素晴らしさや歴史ある文化を伝えるとともに、復興支援や文化伝承、観光振興の一助となることができたと考えています。

みちのく杜人音楽祭

みちのくの豊かな自然(杜)に集まる人たち(杜人:主にみちのく公園の一般利用者)が主役の大型市民音楽祭「みちのく杜人音楽祭」を毎年実施しています。本音楽祭は、東北六県の古民家を移築・復元したエリア「ふるさと村」を背景に、紅葉を迎えるコキアの景観や鳥のさえずり、樹々が風で揺れる音までが演奏の一部となる特別なステージで、ジャズ、ロック、演歌など様々なジャンルの音楽を、出演者とお客様、そして自然が一体となって開催するものです。

かまくらまつり

東北六県の古民家を移築・復元した「ふるさと村」を会場に、秋田県の伝統文化の継承および冬に外遊びをする機会、雪にふれる機会の少ない子どもたちに、冬のみちのく公園を満喫していただくことを目的として「かまくらまつり」を開催し、「雪のすべり台・なまはげ古民家来訪・ゆきん子記念撮影」など雪あそび・東北の伝統文化の体験をメインとした様々なプログラムをお楽しみいただいています。

"Harmony with Nature for the Future"「HaNaFu:花譜(はなふ)」プロジェクト

2011年11月、東日本復興に向けたメッセージとして、園内に2万球のスイセンを植栽し、全長64m、総延長500mの「フェニックス(不死鳥)」の地上絵を描いた「スイセンで復興を願うプロジェクト"花譜"」を実施し、2012年の4月には希望の象徴として黄色いスイセンが開花し「フェニックス」として羽ばたきました。そして2012年11月にふたたび、“花譜”「被災地へ飛び立つ不死鳥」と題して、フェニックスを描いた2万球のスイセンのうち、約4000球を東京からのボランティアツアーや学生さん、地元の方々の協力により掘り上げ、津波により甚大な被害を受けた石巻市に植栽しました。

公園の概要

所在地 宮城県柴田郡川崎町
管理面積 321.9ha(平成22年5月31日現在)
開園 平成元年開園
公式ホームページ http://www.michinoku-park.info/